新品で購入したパソコン

pc持ちながら

パソコンは性能に関する進化がとても早いので、新品で購入しても1年後には性能が劣る旧型になってしまいます。故障しなければ何年も使えますが、性能が劣って使いづらくなります。故障しなくても3年経てば買い換えるのが一般的です。新品で購入すればメーカー保証がついているので、不具合が起こった時も無料で修理してもらえますが、3年も使っているパソコンを修理に出すと、新品に買い換えた方が安上がりになる場合があります。

ハードディスクの故障は新品と交換すれば修理可能
パソコンというのは箱の中に精密機器がびっしりと詰まっているイメージがありますが、実際はいくつかのパーツを組み立てただけの簡単な仕組みになっています。パソコンに詳しい人なら修理に出さなくても、自分で治せる場合があります。パソコンのパーツで壊れやすいのはハードディスクです。この場合は、新しいハードディスクを買ってきて交換するだけで治ります。ハードディスクの値段は安いので、メーカーに修理にだすよりもお得です。

長く使い続けたいなら、自分で組み立てるのが一番
ただし自分で修理をすると、別のトラブルが発生した時にメーカーでは対応してくれないので注意が必要です。パソコンを長く使い続けたいなら、自分で組み立てる以外にありません。必要なパーツを買ってきて組み立てるだけですので、自作のマニュアル本を見ながら誰でも作ることができます。自作をするとパソコンの構造がよくわかるので、故障した時にも自分で修理ができるようになります。またパソコンの頭脳であるCPUを交換するだけで、性能をアップさせることもできます。